忍者ブログ

三井ホームでつくるマイホーム

三井ホームのMYREVE(マイレーヴ)でマイホームを建てることになりました。 これまでのゴタゴタを含め、Upしていきますね。

   2018

1216
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

   2006

0729
事前にコピーをもらっていた契約書を読んでおいたので、分からない点について確認しました。
契約書を読むと微妙に曖昧な記載があり、うまく誤魔化されそうな書き方がたくさんあります。
不具合が見つかったときに、こちらとしてはホームメーカの責任で補修してもらえると思っても、実は施主が負担となりそうな書き方とか。
そこで、「問題が起きたときに『機能上影響がない』って言って逃げるようなことはないですか?」とはっきり聞いてみました。
bearちゃんは「そのようなことはありません。三井が責任を持って直します」と言ってくれましたが、やはり言った言わないということになると嫌なので、議事録に記載してもらいました。
(でも実際はどうなんでしょうねぇ)

また前回の打ち合わせでサービスとなった書棚が図面に記載されていなかったため確認したところ、
「ちょっと今は図面に反映できないところもあるので」
ってことでした。本サービスをあまり目立たないようにするためだと思い、それ以上は突っ込みませんでした。

それから、南側和室の窓が腰窓だったので、掃き出し窓にして欲しいと伝えたんですが、なんか訳が分からないうちに却下されました。

これ他には、1階の屋根部に小屋裏収納を設けた場合、いくら位になるか確認してもらうことにしました。
1階の屋根部としたのは、2階フロアから直接入れることから梯子が要らなくなり、値段Upを抑えることができるからです。もちろん、小屋裏に壁紙は必要ないですし、綺麗なフローリング仕上げの必要もありません。

その後、値段について色々と確認。
地盤改良は70万の見積もり。
「70万という判断は?」
「今の地盤調査結果からすれば、70万あれば十分です。
追加になることはありません。」
「ふ~ん。じゃあ、お釣りが出るんですね?」
「はい」
まだ確定できないとのことでした。
(この会話が後に大きく利いてくるのでした)

インテリアコーディネータ代52500円。
普通はこんな費用ありません。
三井ホームでは、外部の人をインテリアコーディネータ(IC)として利用しているから必要なんだそうです。
ICは壁紙の色、カーテン、照明をどれにするか決めるときに、提案してくれる心強い方のようです。

最後に
「照明・カーテンから値引きしてくれるんですよね?」
と確認したら
「はい、10%というのではなく、がんばります」
そう言ってもらいました。

で、とりあえず契約しちゃいました。
解約してもまだ違約金が発生しないみたいでしたので。
大きな買い物ですが、初めて現地に行ってから半月での契約。
まだまだ気になる点はあるけど、間取りの変更も可能だしってことで、自分を納得させました。
けど、自分らしくないなぁ。本来なら、とことん打ち合わせ、納得してから契約したかったです。
かなり不安!!
PR

   2006

0723
昨日に引き続き、今日も打ち合わせ。
仮押さえできる期間があることもあり、慌しい毎日です。

値段の合わせ込みの結果、狙ったような金額が出てきました。
×,×00万円台といったら、×,×98万円みたいな金額です。
(どう考えても合わせ込んだでしょ~)
本当は更にあと100万くらいマイナスを狙いたかったんだけど、雰囲気的に無理だと思ったので妥協していました。言うだけ言ってみればよかったかな
で、前日要求した主寝室の勾配天井、玄関部の勾配天井はサービスにしてもらいました。
また、浴室暖房もサービス。
(何も言っていないのに、熊ちゃんから「サービスします」って言ってくれた)
それ以外に書棚もサービスしてもらいました。
(契約前だといろいろサービスしてもらえますねぇ)
来週契約する方向でってことで解散しました。
こんなに簡単に決めちゃっていいものかねぇ???
ホントはもっとじっくり検討・確認したいのだけど、仮押さえの期間が過ぎると希望する土地が他の人に流れてしまうので辛いところ。

   2006

0722
思ってた以上の間取り案を提示してきたことに、まずは感謝。
(今まで、他社でも提示を受けたことがありますが、どこも建売みたいだった)
けど、他にも気になった配置の変更をお願いしました。

そして、見積もりは高いことを伝え、説明を受けました。
私の場合、MYREVEという半規格住宅で、その中に6種類?(今HPを見ると8種類ですねぇ)の外観、92の間取りプランが準備されています。
(って言っても、間取りやサイズは変更可能なので、自由設計と何が違うのやら。。。)
各外観、各間取りプラン毎に値段が設定されているようで、ここから変更箇所に合わせ値段がUp/Downします。
これがまた微妙で、ある部分をちょっと変更すると別のモデルがベースとなるなど、かなり曖昧です。
元のモデルに対し、別の外観モデルに変更になるだけで、いくらUpといった具合に値段が変わります。

「私の家はMYREVEの外観モデルのうちどれになりますか?」
「△モデルです」
「基準は〇モデルみたいですが、〇モデルと△モデルはどちらが高いんでしょうか?」
「△モデルの方が高いです」
「△モデルと〇モデルとでは具体的に何が違うんでしょ?」
「外観のここの部分の仕上げがこうだから△モデルになります。」
「微妙ですねぇ。そこを〇モデルみたいにすれば、〇モデルっていう扱いになりますか?」
「上司が〇モデルと認めてくれれば〇モデルという扱いになります。」
「じゃあ、ここの仕上げを変えて、〇モデルだと上司に言い切ってください。そうすれば安くなりますよね?」
そうお願いし、値段Downを図りました。

またお風呂のシリーズ(メーカ)を変更し値段を下げました。
これ以外には、照明・カーテン代から10%OFFさせてもらいますっていう言葉を頂きました。

最後に、
「寝室を勾配天井、子供部屋にはロフトをつけて、×,×00万円台にしてください。」
とお願いしました。
bearちゃんも×,×00万円台を出しますってはっきり言ってくれ、議事録にも記載してくれました。
さぁ、どんな値段が出てくるんでしょう?

   2006

0721
三井ホームでは社外の建築士と契約しているそうで、間取りはその建築士さんが行います。
私の担当はEastさん。

17日の希望に沿った間取りを考え、簡単な見積もりと共に家まで持ってきてくれました。
見た感想は、
「へ~っ、結構いいんじゃない?」
なかなか好みの間取りでした。
もちろん見積もりには納得していませんが、結構気分がよくなりました。
さぁ、明日はこの図面と見積もりで再度打ち合わせです。

   2006

0717
展示場にて第1回打ち合わせを行いました。
担当は、土地を見に行ったときに現地にいた営業のbearちゃん。

ここでは、まず展示場内を見せてもらい、その後打ち合わせ開始です。
まず
・建築条件付物件の仮押さえがいつまで可能か
・いつまでに契約しなければならないのか
を確認し、こちらの希望する間取りを伝えた。
それから、議事録を書いてもらうようお願いした。
(言った、言わないってことがあるからねぇ)

基本的には仮押さえは1週間。1週間後には契約の必要があるとのこと。
「こちらの思う家がこちらの希望額て建てられるかどうかもわからないのに、契約できるはずがない」
ってことを伝え、まずは間取りを検討して頂くことにした。

こちらからの間取りの希望は、
・4LDK
・和室1部屋
・子供部屋は当初続き部屋
・玄関横に収納
・扉は引き戸
・タンス用の納戸
・WIC
・屋根は陶器瓦
まずはこれくらいしか伝えなかったかなぁ。

でも、他の希望としては、
・キッチンはリビングから見えない
・リビングとダイニング・キッチンは仕切れる
・リビング階段にはしない
・トイレは玄関脇に作らない
などなどありました。
カレンダー
11 2018/12 01
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
フリーエリア
最新コメント
[04/29 まど]
[04/29 でんでん]
[02/23 まど]
[02/22 ぺいりょう]
[02/22 びーちゃん]
最新記事
(12/23)
(05/24)
(02/20)
(05/26)
(05/12)
最新トラックバック
プロフィール
HN:
まるまど
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
フリーエリア

引越会社選びは慎重に・・・

2月~4月は引っ越しシーズンです。

新たに高校への入学や大学への進学、就職して配属が決まって、引っ越しするなど 新天地で新たな年をスタートさせる方も多いのではないでしょうか?

大事な転機だからこそ、引っ越し業者引っ越し屋は 慎重に選びたいですよね。

引っ越し会社にも様々な種類のものがあり、 得意とする分野で引っ越し料金引っ越し相場がかなり異なることもあります。

格安引っ越し激安引っ越しに特化している引っ越し社単身引っ越し引っ越し単身パックを得意とする 引っ越しセンター、海外に引っ越しされる方のための 海外引っ越しサービスや 企業を対象とするオフィス引っ越し、少し特殊なところだと 大型で引っ越しの際に扱いが難しいピアノ引っ越しなどもあります。

もちろん距離も関係してきます 引っ越し東京(近距離の引っ越し)、 引っ越し大阪(中距離の引っ越し)、 引っ越し札幌(長距離の引っ越し)などによっても専門がありますので、 東京都引っ越し業者など、その地域に強い業者も探してみましょう。
引っ越し見積もり東京を行なうサイトもあるんですよ。

引っ越し単身など引っ越しする人数や大体の荷物が想定できたら、 次は引っ越し業者を選びます。
今ではインターネットや雑誌などで引っ越しに関する情報も多く手に入ります 引っ越し見積もりサイトや引っ越し業者ランキング、 引っ越し会社に対する引っ越し口コミ なんかもあります。
簡単に決めてしまうのではなく引っ越し比較が重要です!

引っ越し費用とともに引っ越し業者評判 もしっかり調べた上で、 お願いする業者を選択しましょう。

引っ越し格安だけどサービスが伴っていない、 引っ越し安いけど希望通りの時間で行なわれないなど、 トラブルの元になりますから。

引っ越し業者が決まったら、次は荷造りです。
多くの引っ越し専門サイトでは引っ越しする際に必要な引っ越し手順引っ越し手続きをまとめてあります。

チェックをするための引っ越しチェックリストを使って、 一つ一つの項目をモレがないようにしっかりと確認しましょう。

自分の引っ越し準備だけするのではなく、 お世話になっている方への引っ越し案内状引っ越しはがきを出して、伝えなければなりません。 そうしないと、仕事やプライベートでお世話になっている方に失礼をしてしまうかも しれませんよ。

また、移転した先の近所の方に対して、引っ越し挨拶引っ越し挨拶状も 大事です。これから長い間お世話になるかもしれませんから。

引っ越しを決めてから引っ越しするまで、なんでもよいわけではなく、 しっかりとした引っ越しマニュアルがあるんです。

忍者ブログ [PR]

Powered by Ninja.blog * TemplateDesign by TMP